DCUのドラマは本当にあった話?潜水特殊捜査隊は実在する?

DCUのドラマは本当にあった話?潜水特殊捜査隊は実在する?
2022年1月からスタートする阿部寛さん主演のドラマ「DCU」。

DCUとは”Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)”の略で、ドラマではこのDCUを舞台に物語が展開します。

このドラマで気になるのは、DCUという組織は実在するのかということではないでしょうか?

そしてDCUで起こる事件事故は本当にあった話なのかも気になります。

この記事では、ドラマの話は本当にあった話なのか、DCU(潜水特殊捜査隊)は実在するのかについて紹介していきます。

 

DCUのドラマは本当にあった話?

DCUのドラマはTBSとハリウッド大手制作プロダクションとがタッグを組んで制作されたオリジナルドラマです。

なのでDCUは本当にあった話ではありません。

しかしドラマに出てくる事件や事故についてはモデルになった話があるかもしれません。

 

モデルになった事件事故はある?

DCUは警察の捜査では困難な、危険な河川や湖、海の中に隠された証拠物を探すことから、水中に遺棄された遺体の捜索などを担当するチームです。

DCUの活躍するドラマの中にはリアリティの追求のために、本当にあった話がモデルになっている可能性もあるのではないでしょうか。

 

DCU(潜水特殊捜査隊)は実在する?

水中の捜査に長けたスペシャリスト集団DCU(潜水特殊捜査隊)ですが、いたらかっこいいなと思うのですが残念ながら架空のチームです。

 

DCU(潜水特殊捜査隊)のモデルのダイバーは実在する?

DCUという特殊なチームのモデルになったダイバーはいるのでしょうか?

DCUのドラマ撮影にあたって、阿部寛さんなどキャスト陣は海上保安庁のダイバーから直接指導を受けていますが、海上保安庁のダイバーの任務は人命救助です。

DCUは手錠を持ったダイバーなので、警察としての側面の方が大きいですよね。

実際に警察には河川や湖、海上を捜査・犯人逮捕のできる刑事課は実在しているので、本物の事件に当たられているダイバーの方たちの捜査にあたる心構えや信念など参考にしてモデルとしているかもしれませんね。

 

DCUのドラマは本当にあった話?潜水特殊捜査隊は実在する?まとめ

DCUのドラマはフィクションということがわかりましたが、もし本当にDCUのようなスキューバダイビングのスペシャリスト部隊が出来たら。ドラマのように未解決だった事件もバンバン解決できちゃうかもしれませんね。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA