森田くん退所とV6解散発表はなぜ今?3月12日に込められた意味は感謝?

森田くん退所とV6解散発表はなぜ今?3月12日に込められた意味は感謝?
V6解散発表から一夜明けました。

ファンにとっては突然の解散発表でしたが、森田くん退所とV6解散宣言がなぜ今だったのか、疑問に思うファンの方もいたようです。

3月12日の発表には何か意味があるのでしょうか?

この記事では、森田くん退所とV6解散発表はなぜ今だったのか、3月12日の意味についてまとめています。

森田くん退所とV6解散発表はなぜ今?3月12日の意味は?

 

V6は”6”にちなんだ時間や日にちを意識しているとのこと。森田くん退所と解散発表がなぜ3月12日になったのかも”6”に関係しているようで、19年11月から解散について話し合われていたということもあり、突然ではなくしっかり考えられたうえでの発表だったのですね。

発表から解散までの日数234日を6で割ると39(サンキュー)とは、これを意図しての3月12日の発表だとしたら、V6からファンへの感謝が感じられ、ファンじゃなくても泣けてきちゃいますね。

 

まとめ

森田くん退所とV6解散発表なぜ今なのか、3月12日に込められた意味は?について紹介させていただきました。

3月12日の発表だった意味が本当なら、解散の現実感が増してさらにしんみりした気持ちになってしまいますが、V6のこの心遣いにはあたたかさもあり泣けてきますね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA