ホワイトデーの語源・由来は?全国飴菓子工業協同組合とは何か調べてみた!

ホワイトデーの語源・由来は?全国飴菓子工業協同組合とは何か調べてみた!
バレンタインが終われば次にやってくるのはホワイトデーですね。

 

会社で義理チョコを大量にもらうなどしたら、男性は何を返すか考えたりして、めんどくさく感じてしまう人もいるかもしれません。

 

バレンタインの由来は海外からですが、ホワイトデーは日本独特の文化のようです。

ホワイトデーの語源や由来はどこから来たのでしょうか。

 

そしてホワイトデーを作ったといわれている全国飴菓子工業協同組合とはどのような組合なのでしょうか。

 

この記事では、ホワイトデーの語源・由来と、ホワイトデーを制定したといわれる全国飴菓子工業協同組合について調べてみたので、紹介していこうと思います。

ホワイトデーの語源と由来

 

ホワイトデーは元々の名前はホワイトデーではありませんでした。

 

元々は、1978年に石村萬盛堂という和菓子屋さんが、新しいお菓子のヒントを掴もうと読んでいた少女雑誌がきっかけで、バレンタインデーに女性からチョコレートをもらった時のお返しとして、チョコ入りマシュマロを売り出したのが始まりなんだそう。

当時は「ホワイトデー」ではなく、「マシュマロデー」として始まりました。

 

そしてそれから2年後の1980年に、全国飴菓子工業協同組合という組合によって、「マシュマロデー」から「ホワイトデー」に改まったということらしいです。

 

なぜ「ホワイトデー」という語源が生まれたのかというと、「ホワイトは純愛のシンボルであり、若者のさわやかな愛にぴったり!」という理由から「ホワイトデー」という名前の記念日が誕生し、キャンディーを売り出すようになったというのが、ホワイトデーの由来です。

全国飴菓子工業協同組合って何?

 

ホワイトデーという名前を決定した全国飴菓子工業協同組合とは、日本の飴菓子メーカー(キャンディー)の協同組合です。

 

組合に所属している企業は約50社。私たちに耳なじみのある企業では、グリコ、明治、ヤマザキナビスコ、森永、ロッテ、不二家など有名企業も参加している組合なんだそう。

 

ホワイトデーキャッチフレーズとホワイトデー日本定着まで

1980年から1989年までの全国飴菓子工業協同組合が打ち出した、ホワイトデーのキャッチフレーズです。

 

 

1980年
「愛にこたえるホワイトデー」
1981年
「好きな女の子にキャンデーを贈ろう」
1982年
「僕からも、愛」
1983年
「愛の数だけキャンデーを贈ります」
1984年
「好きだよを包んであげる」
1985年
「あの娘にキャンデーパンチ!」
1986年
「正々堂々ホワイトデー」
1987年
「夢みて待ちますホワイトデー」
1988年
「キャンデーをあの娘に贈る日」
1989年
「Two Lips」

引用元:全国飴菓子工業協同組合 ホワイトデー委員会http://www.candy.or.jp/whiteday/history.html

 

バレンタインデーは日本社会に定着するまでに20年近くかかったそうですが、ホワイトデーは1980年の発足から10年後の1990年頃だそうです。

そして現在も「ホワイトデーはキャンディーを贈る日」として協同組合はプロモーション活動を行っています。

まとめ

ホワイトデーの起源・由来、全国飴菓子工業協同組合について紹介させていただきました。

 

今やさわやかな愛の象徴というキャッチフレーズになった若者以外にも浸透しているホワイトデーですが、約40年前から始まったものだったとは、意外と新しい文化だったんですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

FacebookTwitter

“ホワイトデーの語源・由来は?全国飴菓子工業協同組合とは何か調べてみた!” への2件のフィードバック

  1. […] ということで、ホワイトデーの由来についても調べましたので、よろしければ読んでみてくださいね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です