ホワイトデーの3倍返しはなぜ?由来と女性は本当に3倍返しを望んでいるのか?

ホワイトデーの3倍返しはなぜ?由来と女性は本当に3倍返しを望んでいるのか?
バレンタインが終われば、次はホワイトデーですね。

 

ホワイトデーといえば、よく聞くセリフに「お返しは3倍返し!」というものがありますよね。

 

愛する人への贈り物であれば、3倍だろうが10倍だろうが金額は関係ないのかもしれませんが、義理チョコのお返しにも3倍返しルールが適用されるのは勘弁して…と思う男性も多いことでしょう。

 

ではこの3倍返しのルールみたいなものって、一体なぜ、どこから生まれたのでしょうか?

 

そして女性は本当に3倍返しを望んでいるのか?女性がホワイトデーにもらって嬉しいものとは何

か?

この記事では、ホワイトデーの3倍返しのなぜ、由来についてと、女性は本当に3倍返しを望んでいるのか、まとめてみました。

ホワイトデーの3倍返しは「なぜ?」由来について

ホワイトデーの3倍返しはなぜなのかついて、バブル期の名残である説や、当時の女性雑誌で「男性は3倍返しが当たり前」というような文言が使われていたからだとか、諸説ありますが、はっきりとした由来についてはわかっていないようです。

 

バブル期であれば、お返しに3倍が当たり前だったのかもしれませんが、現在ではあまり通用しない考えかもしれませんね。

 

しかし、今日までこの「3倍返し」が残っているということは、少なからず女性も3倍返しを期待しているということなのでしょうか?

女性は3倍返しを望んでいない?

とある調査によると、女性は自分があげたものと同額程度のものをお返しとして望んでいるというアンケート結果が出ているようです。

 

むしろ3倍返しまたは4倍、5倍返しをされたら、うれしいと思う女性がいるのに反し、「その人との付き合い方を考える」という、ドン引きしてしまうケースもあるようです。

 

自分が挙げたものに対して高額なものが返ってくると、気を遣わせたかもしれないと思う女性もいるようです。

 

なので、贈る相手によっては同額程度のものか、2倍くらいにしておきましょう。

 

まとめ

ホワイトデーの3倍返しは何故なのかの由来と、女性は本当に3倍返しを望んでいるのかについて紹介しました。

 

  • 3倍返しにはこれといった由来がない
  • 3倍返しは女性にドン引きされる可能性あり
  • お返しは同額程度のものか、2倍くらいのものにておく

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です