ムーシャなどビーラップ出演者の現在!学校へ行こう復活放送の出演は?

ムーシャなどビーラップ出演者の現在!学校へ行こう復活放送の出演は?
V6の衝撃の解散発表後、人気番組「学校へ行こう!」が2021年の今秋に復活することが決定しましたね。

番組の企画では名物コーナーを映像で振り返るということで、当時人気の高かった「B-RAP(ビーラップ)ハイスクール」も取り上げられるようです。

この企画でブレイクしたムーシャさんや尾崎豆さんなど、ビーラップハイスクール出演者の中には今現在でも活動している人たちもいて、V6の解散についてもSNSでコメントを出すなどしており、当時の出演者さんたちにとっても思い入れの深い番組だったことが伺えます。

この記事では、そんな「B-RAP(ビーラップ)ハイスクール」の出演者の現在と、V6解散へのコメントも紹介しつつ、ムーシャさんや尾崎豆さんなど今でも活動している人たちが「学校へ行こう!」復活放送に出演するのかについてもまとめていきたいと思います。

 

ムーシャや尾崎豆などB-RAP(ビーラップ)ハイスクール出演者の現在

当時の大人気企画B-RAPハイスクールから誕生した個性豊かな出演者たちは今何をしているでしょうか?

中には一時期死亡説まで流れている人もいましたが、現在はどうなっているのか気になります。

ではいってみましょう!

 

「オルトゥマヘイ」でブレイク MUSIA(ムーシャ)

歌手のMISIAさんをもじったMUSIA(ムーシャ)として登場。

格好もMISIAさんに寄せていましたが披露する曲はMISIAさんの曲ではなく、t.a.t.u(タトゥー)やドリカム、広末涼子さんの替え歌で、お世辞にも歌が上手いとは言えませんがその独特な動きとキャラクターが人気を呼びました。

「オルトゥマヘイ」というフレーズでムーシャさんを思い出す人もいるのではないでしょうか?

しかしMISIAさんの一部のファンから苦情が殺到したため、ムーシャさんだけにはいつでも演奏を止められるように演奏停止ボタンが用意されていました。

 

MUSIA(ムーシャ)の現在

ムーシャさんはB-RAPハイスクール以降はパチスロライターやステージでの営業、「ムーシャのオルトゥマヘイ!」というYouTubeチャンネルも開設しており、同じくビーラップに出演していたユースケ・キ〇タマリア、アンコザカンクルーの巴とともにMUKIKAN(ムーキンカン)というユニットを組んでいたようですが現在の活動は不明。2020年には音楽芸能プロダクションのKKTOWN所属となっています。

Twitterは頻繁に更新されており元気でいることが伺えます。

 

「盗んだバイクを買わされた」でブレイク 尾崎豆

尾崎豆は、尾崎豊さんの名曲「15の夜」「卒業」などを自身のいじめられっ子だったと思われるエピソードや身長の低さを主な題材にした替え歌を披露しており、初登場時に歌った「15の昼」をリクエストアワード2003ではさらに過激にした歌詞「盗んだバイクを買わされた」という衝撃的なフレーズは今でも印象に残っている人は多いのではないでしょうか。

 

尾崎豆の現在

そんな尾崎豆さんは「学校へ行こう」放送終了後、吉本興業に所属していたようですが現在はフリーで活動しています。

 

テレビで見かけることがなくなり一時は死亡説も流れましたが、2016年には「クイズスター名鑑」に「ギリギリ有名人が逃走中」というコーナーに出演しています。

またyoutuberとしても活動しており、声もだいぶ低く変わってしまったようですが地方営業のライブでは当時を知る人たちでチケットは完売してしまうほどの人気なんだそう。

 

 

尾崎豆は有吉に似ている?

2005年に番組終了となってしまった「学校へ行こう!」ですが、視聴者からの熱い要望で一夜限りの復活という形で「学校へ行こう!2015」が放送されました。「B-RAP(ビーラップ)ハイスクール」も当時を振り返る映像が放映され、尾崎豆さんが映し出されると、それを見た視聴者が「有吉弘行に似ている」と話題になりました。

言われてみれば確かにパーツごとで見ていくと目元が特に似ているなという感じです。

その騒ぎを受け、有吉さんは自身のツイッターで「学校へ行こうに出演させてもらった気分です。ありがとう」とコメントしています。

尾崎豆さんと有吉さんが似ていることが有吉さん本人にも認められました。

 

 

 

「そうだよアホだよ」でブレイク 軟式globe:パークマンサー

 

パークマンサーさんはボーカルKOIKEさんとのユニット「軟式globe」として登場。

globeの「Love again」の曲に乗せて、パークマンサーの女性にアプローチを掛けるも失敗を繰り返す男のリリックにKOIKEの「アホだな~」という掛け合いのフレーズが癖になるグループでした。

初代KOIKEさんは「学校へ行こう!」終了後に脱退、現在は結婚してメディアからも離れた生活をしているそうです。

 

軟式globe パークマンサーの現在

パークマンサーさんは「B-RAPハイスクール」が終了してもなお軟式globeとして活動しており、今では農家を本業としながら俳優業もこなしています。

二代目KOIKE(神田麻衣:週末のみ軟式globeとして活動。自身のYouTubeチャンネル「かんだま劇場」はチャンネル登録者数32万人を突破)の卒業、平日KOIKE(白幡いちほ:二代目KOIKEが活動できない平日に活動。現在はセルフプロデュースアイドル劇場版ゴキゲン帝国∞で活動中)の引退後、“マンスリーKOIKE”という形で鈴木紗理奈さんやマーク・パンサーの娘マディーさんとのコラボでTiTokでバズるなど、今なおパークマンサーのリリックは健在のようです。

 

 

ジョン・レノソ(ヒライケンジ)

 

ビートルズの「imagine」の替え歌で「あんまり意味がない」という歌いだしから、世の中の矛盾(ダジャレ?)をシュールに歌い上げる自称ジョンレノンの兄としてB-RAPに登場。

「学校へ行こう!」終了後もジョンレノソの名前で芸人として活動、2005年にはR-1ぐらんぷりで準決勝まで進出しています。

その後はヒライケンジという芸名に改め「エンタの神様」に出演。平井堅の楽曲を歌いながらフリップ芸を披露。

2006年には平井堅のカバーでCDを出すなど活躍しました。

 

「あんまり意味がない」でブレイク ジョンレノソ(ヒライケンジ)の現在

 

エンタの神様終了後はあまり仕事が入らずアルバイトで生計を立てていたそう。

2014年には平井堅さんご本人と共演を果たし、「ソレデモシタイ」のPVに出演。

2015年には「学校へ行こう!2015」にも出演し、2020年に「水曜日のダウンタウン」で”芸人ソング歴代シングルCD売上ワースト10”と題して第8位に登場しました。(本人の出演はなし)

現在はヒライケンジから合格クンという名前でTwitterでシュールなつぶやきをしているのが確認できます。

 

 

B-RAPハイスクール出演者のV6解散に対するコメント

B-RAPハイスクールの出演者が今でも各々で活動していることが知れましたが、やはりV6の解散にショックを受けている方もいるようで、Twitterでコメントを出しているので紹介します。

 

尾崎豆のV6解散に対するコメント

「尾崎豆が 今ここに居るのもV6さんのお陰」と尾崎豆さんは当時を振り返り、V6解散にショックが隠せない様子でした。

パークマンサーのV6解散に対するコメント

パークマンサーさんはV6解散の報を受け、「最後に絶対V6と共演しなきゃ」「目一杯のアリガトウをこめて最高にアホに送り出すから言っちゃうアホだよ♪」と、V6と共演を果たすべく意気込みが感じられます。

 

MUSIA(ムーシャ)のV6解散に対するコメント

「V6解散しても俺らは終わらない、終わらせない」とムーシャさんらしいコメント。

「いつかまた愛なんだ見たいな特番やりましょう待ってます」と締めくくっています。

 

ジョンレノソ(合格クン)のV6解散に対するコメント

「森田君の代わりにワイが加入すれば解散は防げるのではないか?」と芸人らしいユーモアのあるコメントでV6の解散を惜しんでいるようです。

 

「学校へ行こう!」復活放送特番のビーラップ出演は?

多くのファンに解散を惜しまれつつ、2021年秋には待望の「学校へ行こう!」が復活放送されるということで、B-RAPハイスクール出演者たちの出演はあるのでしょうか?

尾崎豆のツイッターでは、「学校へ行こう!」復活特番に出演交渉をしたものの難航したのか、出演したいけど無理なんかなとつぶやいています。

同じくMUSIAさんも出演者募集から応募していたようです。どうなるのか結果が待たれます。

ジョンレノソことヒライケンジこと合格クンは出演されるのかわかりませんが、「ワイが2代目V6を勝手に襲名しようかな」と冗談を飛ばしていました。

パークマンサーさんもおそらく復活放送には応募はしていると思われますが、ハッシュタグで”TBSさんまだオファーないですよ”と出演依頼が来ていないことをいじっています。

今のところビーラップ出演者のどなたにも「学校へ行こう!」出演依頼は来ていないようです。

オファーが来ていても言えないということもありそうですがどうなんでしょうか。続報が待たれます。

 

尾崎豆などビーラップ出演者の現在!学校へ行こう復活放送の出演は?まとめ

ビーラップ出演者の皆さんを一部ですが紹介させていただきました。

調べている中で出演者の方々がお元気そうで何よりだな~と当時視聴者だった筆者は感じました。

ぜひとも「学校へ行こう!」の復活放送特番にはB-RAPハイスクールの方々には出演してもらいたいものです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA