ワンダヴィジョンの白目作戦とは?ヘイワードはヴィランで白ヴィジョンとは何か?

ワンダヴィジョンの白目作戦とは?ヘイワードはヴィランで白ヴィジョンとは何か?
ワンダヴィジョン第8話が配信されました。

8話はワンダの過去が明かされ、涙なしには見られなかったのですが、SWORD本部でのヘイワードとのやり取りについても知ることになりました。

8話以前では、白目作戦を実行するにはヴィジョンの遺体が必要で、そのためにヘイワードはヴィジョン奪還をしようとしていたかのように見せていましたが、実際はヘイワードの嘘だったようです。

そして、アグネスの立ち位置が判明したことで、今作はヘイワードがヴィランであることが確定しました。(以前この記事ではヘイワードとアグネス、ピエトロがグルではないかと書きましたが、そんなことはなかったようです^^;)

また、エンドクレジット後には白目作戦の要である”白ヴィジョン”が登場しました。

あの”白ヴィジョン”は何なのでしょうか?

この記事では、白目作戦と、ヘイワードがヴィランであること、そして白ヴィジョンについての紹介をしていきます。

白目作戦とは

白目作戦とは、ヴィジョンの遺体を用いて知覚兵器を作ることそのものが、この作戦の全貌だったようです。

 

ワンダヴィジョンでのSWORDという機関は、

「知覚兵器観察対応局」(SENTIENT WEAPON OBSERVATION RESPONSE DIVISION)

となっており、ヴィジョンは元が人工知能であっただけに、並外れた知能や聴力を備えているところから、知覚兵器にすることで敵の行動を把握したいということかもしれません。

 

白目(カタラクト)の意味

白目(カタラクト,cataract)とは、
主な意味は(断崖の上にかかる)瀑布(ばくふ)、大滝、(大川の白く泡立つ)急流、豪雨、洪水、白内障、しろそこひ
作戦名の白目とは、エンドクレジット後に登場したホワイトヴィジョン(白ヴィジョン)の白目から来ていたようです。

ワンダはヴィジョンの遺体を盗んでいなかった

SWORDはエンドゲーム後、無断でヴィジョンの遺体を持ち去っていたことが判明しました。

そしてワンダはヴィジョンを埋葬するためにSWORDへ赴いており、遺体を盗むようなことはしていませんでした。

ヘイワードはワンダにヴィジョンの遺体を盗まれたとモニカたちに映像で見せていましたが、あれはフェイク映像だったようです。

ヘイワードは今作のヴィラン

今までヴィランは誰なのか、もしかしたら今作にはヴィランはいないのではと言われていましたが、アグネスはワンダのヘックスパワーの源について知りたかっただけという事実が明かされ、SWORDがエンドゲームで勝手にヴィジョンの遺体を持ち出したうえ、改造して兵器にしたことが判明し、明確にワンダと敵対関係を取ったことで、今作のヴィランはヘイワードということになりそうです。

そして新たに登場した白ヴィジョンもヴィランとして戦う相手になりそうです。

白ヴィジョン(ホワイトヴィジョン)とは

エンドクレジット後には、ワンダが壊したドローンから彼女のヘックスパワーを利用し、白ヴィジョンが誕生しました。

原作ではホワイトヴィジョンと呼ばれており、1980年代ごろに登場したキャラクターのようです。

ヴィジョンがイモータスというヴィランの部隊に解体された後、ウエストコートアベンジャーズというロサンゼルスを拠点にしているヒーローチームに再びヒーローとして戻ってきたときの姿だそうです。

本来のヴィジョンよりも機械的な性格で、ワンダヴィジョンではヘイワードの命令で動く兵器という立ち位置になりそうです。

ヘイワードとアグネス、ピエトロのグル説はなかった

以前この記事ではヘイワードとアグネス、ピエトロのグル説をあげていたのですが、6話でアグネスとピエトロがワンダとヴィジョンを引き離した行動に乗じてヴィジョンを待ち伏せていただけで、グルというわけではなかったようです。

アグネスとピエトロについてはこちらの記事でまとめているので、こちらを読んでいただけると助かります。

 

まとめ

白目作戦について、ヘイワードが今作のヴィランであること、白ヴィジョン(ホワイトヴィジョン)についての紹介でした。

ヘイワードの行いには、視聴者としてはワンダに感情移入してしまっているのでこのやろー!という感じですが、まだ明かされていないサノスの指パッチンでこの5年間での出来事があったうえでの行動であると思われるので、来週最終話にてヘイワードの過去が明かされることになるのかもしれません。

あと一話でどうやって話をまとめるのか、今後の展開が楽しみですね!

 

 

FacebookTwitter

“ワンダヴィジョンの白目作戦とは?ヘイワードはヴィランで白ヴィジョンとは何か?” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です